スピリチュアル・アドバイス(⌒ー⌒)

伊勢國一宮 椿大神社 

伊勢國一宮 椿大神社

伊勢國一宮 椿大神社

 雪州の足跡トップページ
各種ブックマーク&RSS 雪州の足跡 サイト内検索
伊勢國一宮(いせのくにいちのみや) 椿大神社(つばきおおかみやしろ)


    主祭神(しゅさいじん)    猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)

    相殿神(あいどのしん)    瓊々杵尊(ににぎのみこと)

            栲幡千々姫命(たくはたちちひめのみこと)

    配祀神(はいししん)    木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)

            天之鈿女命(あめのうずめのみこと)  
天宇受売命 とも書く

     前座(ぜんざ)    行満大明神(ぎょうまんだいみょうじん)

   別宮椿岸神社(べつぐうつばきぎしじんじゃ)

    主祭神    天之鈿女命(あめのうずめのみこと)

    相殿神    太玉命(ふとたまのみこと)

            
天之児屋根命(あめのこやねのみこと)





三重県鈴鹿市椿大神社の主祭神、猿田彦大神は、伊勢の猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)とはまた異なった氣質神氣を放ち、ここ椿大神社に鎮座し、
らかで力強い御神氣を放っています。
   
猿田彦の神は道案内の神として大変有名ですが、伊勢と鈴鹿(すずか)とでは同じ道案内でもちょっと氣質がなります



猿田彦大神天孫降臨(てんそんこうりん)のさい、地上の道案内役となり、大国主命(おおくにぬしのみこと)の代理を完璧に務めるだけの技量を持ち合わせ、地理を知り尽くし、地上の全ての善悪を見抜き、更に取り(まと)める力を持ち合わせている神です。



ただ道案内という事に関しては、伊勢の猿田彦大神のほうが強いと感じます。



この椿大神社の神は、魂が道に迷い、
(よこしま)な道に()れない様に修正していただける神様です。
(手に負えない者を連れてくると、更正せざるを得ないような出来事を当人に突き付けるので、外れた道から産霊紋理(むすびかため)の力で引き戻せるでしょう。)


まず入り口には車輌のお祓い祈祷殿(きとうでん)である獅子堂(ししどう)があります。



雪州も友達の付き添いで、一緒に車のお祓いに立ち会った事がありますが、こんなに力強く祓い清めの神氣を感じる車のお祓いは初めてでした。 ( ̄□ ̄;)




平日でも次から次へと車がお祓い目的でやってきますし、ここは三重県なのに品川ナンバーの車でもお祓いに訪れていました。




  ス ゴ し   (//∇//)




車のお祓いがちょうど出たので少し触れておきます。

車のお祓い新車を購入した時や、中古で購入した時だけだと思っていませんか



一般の方一年に一度がよろしいでしょう。



一年も乗れば
イロイロくっついてきますからね。



     ( ̄_ ̄|||)



高級外車等の人気があったり、人が羨ましく思うような車の場合、妬みという念を頂きがちです。(;¬_¬)



車は良きも悪きも念が入りやすいので氣をつけよう___ψ(‥ ) カキカキ



基本的黒い車赤い車は破壊的なエネルギーを貰いやすいだけでなく、揉め事を吸い寄せる運氣衰退のアイテムなので、自分の運氣だけでなく家運を下げる力が働きます。



何故かそんな色を選んでしまうという場合や、その様な色に魅力を感じるということは、その様にさせられるだけの因縁による力が働いているからであり、どの様な強運の持ち主でも運を目減りさせ続けながら生きている状態であることを
俗界のみに生きる方々はあまり知るところではありません。  あれ(-_\)(/_-)あれ



その先には恵比寿大黒(えびすだいこく)さんもいらっしゃるので参拝なさってください。
   
また、この椿大神社では、すべての木に神の氣が宿った神木であることが伺えるので、一柱ごとそれぞれに氣を合わせてゆくことをおすすめします。



本殿参拝もしくは祈祷の後、天之鈿女命(あめのうずめのみこと)が祀られている別宮椿岸神社にも参拝しましょう。
   
真剣な参拝で訪れられる方は、もちろん祈祷を受けるほうが好ましいのはもちろん当然です。



椿大神社では、現在でもおおかみやしろと読むだけあり、(いにしえ)よりの伝承どおりに中臣祓(なかとみはらへ)と呼ばれる大祓詞(おおはらへのことば)を奏上して修祓儀(しゅばつのぎ)を催行していただけるので
、一般の方はこの修祓儀祈祷が終了したと勘違いすることでしょう。



別宮椿岸神社では、とにかく人生楽しめというエネルギーが伝わって来ます。



この別宮全国アメノウズメノミコトの総本宮なので、力強さがあるのは
当然で、に笑顔で手を振ってくれます。(笑)

アメノウズメノミコトは芸道の神様で、天照大神(あまてらすおほみかみ)(あめ)岩屋戸(いわやと)に閉じこもった際に、舞踊(ぶよう)を披露し、神話として語られている神様です。 
 



最後は入り口にある庚龍神社(かのえりゅうじんじゃ)祭神である金龍龍神(きんりゅうりゅうじん)白龍龍神(はくりゅうりゅうじん)黒龍龍神(こくりゅうりゅうじん)に手を合わせてください。




龍神独特の波動を受けることで、願いを
具現化させる力を授かります。



この椿大神社にはサルタヒコノオホカミアメノウズメノミコト、御夫婦で祀られています。

アメノウズメノミコトは天の神でありながら、サルタヒコノオホカミと恋に落ち、地の神に嫁がれ最後まで尽くされました



ワガママなあなた・・・
(;¬_¬)参拝しようね。(笑)
 



御神徳夫婦円満八方除け交通安全開運招福商売繁盛等が挙げられます。(椿大神社の清め塩と祓い砂は混ぜて使用すると大地(陽)と海(陰)のの霊力を融合させたエネルギーで不浄なエネルギーを清め、強力な結界を張ることができますから、授与品の中で最も受けておきたい神物です。)



大和國一宮である大神神社(おおみわじんじゃ)と同様に発願以外に強力なお祓い清めにも頼もしい神域ですので、ご縁を感じたら訪れてみましょう。
三重県鈴鹿市山本町1871                                   
雪州英勢お薦めのパワースポット神社
 伊勢神宮(いせじんぐう)内宮(ないくう)外宮(げくう)伊雑宮(いざわのみや) 【三重県】
 大和國一宮(おおやまとのくにいちのみや)三輪明神(みわみょうじん) 大神神社(おおみわじんじゃ) 【奈良県】
 関東総鎮守(かんとうそうちんじゅ) 箱根神社(はこねじんじゃ) 【神奈川県】
 摂津國一宮(せっつのくにいちのみや) 住吉大社(すみよしたいしゃ) 【大阪府】
 加賀國一宮(かがのくにいちのみや) 白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ) 【石川県】
 熱田神宮(あつたじんぐう) 【愛知県】
 出雲國一宮(いづものくにいちのみや) 出雲大社(いづもおおやしろ) 【島根県】
 伊勢國一宮(いせのくにいちのみや) 椿大神社(つばきおおかみやしろ) 【三重県】
 スピリチュアルの聖地 戸隠神社(とがくしじんじゃ) 【長野県】
 こんぴら総本宮(そうほんぐう) 金刀比羅宮(ことひらぐう) 【香川県】
 安芸國一宮(あきのくにいちのみや) 厳島神社(いつくしまじんじゃ) 【広島県】
 北口本宮(きたぐちほんぐう) 冨士浅間神社(ふじあさまじんじゃ) 【山梨県】
 駿河國一宮(するがのくにいちのみや) 富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ) 【静岡県】
 明治神宮(めいじじんぐう) 【東京都】
 皇城之鎮(こうじょうのちん) 山王日枝神社(さんのうひえじんじゃ) 【東京都】
 その他のパワースポット神社

金運・恋愛・仕事・対人関係といった、生きる上で関わる悩みを気付きから幸運に導くスピリチュアルな話
 目に見えぬ存在、神社の神々とは・・・
 心の真眼
 カルマとは・・・
 カルマの解消法について・・・
 徳とは・・・
 神社について・・・
 神社参拝の豆知識
 塩が持つ力
 食のエネルギーについて・・・
 恋愛のカルマについて・・・
 天国と地獄の話

天界で起こった神話 【古事記】 読むパワースポット
【プチウケ古事記 上巻】
 日本最古の古文書 古事記とは・・・
 プチウケ古事記 造化三神(ぞうかさんしん) 神の始まり・・・φ(.. )
 プチウケ古事記 共同作業 天地初発之時(あめつちのはじめのとき)
 プチウケ古事記 夫婦喧嘩 神生(かみう)み(國生み)
 プチウケ古事記 国造り 伊邪那美(いざなみ)最期(さいご)
 プチウケ古事記 伊邪那岐(いざなぎ)の悲しみと怒り 悲しみ
 プチウケ古事記 黄泉(よみ)(くに)  
 プチウケ古事記 (みそ)ぎ・生みの果て
 プチウケ古事記 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
 プチウケ古事記 天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)と建速須佐之男
 プチウケ古事記 太陽神(たいようしん)天照皇大神(あまてらすすめおおかみ) 天の石屋戸(あめのいわやと)
 プチウケ古事記 草薙劔(くさなぎのみつるぎ)(草薙の剣) 八岐大蛇(やまたのおろち)
 プチウケ古事記 うさぎと(さめ) ()(くに)因幡(いなば)素兎(しろうさぎ)
 プチウケ古事記 姑・修羅場 大国主(おおくにぬし)()堅州国(かたすくに)
 プチウケ古事記 争い  天孫降臨(てんそんこうりん)()(いち)
 プチウケ古事記 人生の道案内 天孫降臨 其の()・・・日子番能瓊瓊杵(ひこほのににぎ)
 プチウケ古事記 竜宮城(りゅうぐうじょう) 海幸彦(うみさちひこ)山幸彦(やまさちひこ)・・・其の壱
 プチウケ古事記 海幸彦/山幸彦 其の弐・・・神武天皇(じんむてんのう)の誕生

雪州の足跡 サイト情報
 あとがき  雪州の足跡 管理人
 リンクについて  相互リンク




スポンサードリンク
























































































スポンサードリンク




















































スポンサードリンク



Copyright (C)  雪州の足跡  All Rights Reserved