スピリチュアル・アドバイス(⌒ー⌒)

プチウケ古事記 海幸彦/山幸彦 其の弐・・・神武天皇 

プチウケ古事記 海幸彦/山幸彦 其の弐・・・神武天皇

プチウケ古事記 海幸彦/山幸彦 其の弐・・・神武天皇

 雪州の足跡トップページ
各種ブックマーク&RSS 雪州の足跡 サイト内検索
プチウケ古事記 海幸彦(うみさちひこ)山幸彦(やまさちひこ) ()()・・・神武天皇(じんむてんのう)
さて、陸に戻るぞな・・・ ( ̄ー ̄ )


『なにぃ?! 弟のヤマサチヒコが帰って来ただと?! 
(;¬_¬) 』


『釣り針を無くしたのを口実に追い払って、領地を奪ってやろうと思ったのに・・・
(;¬_¬)チッ!』


『あっ、弟君がお見えになりました。』


『ウミサチヒコ兄さん、お待たせしました!』

『おぅ!ヤマサチヒコ! 私の釣り針は見つけたのか?』


『はい! v(^∇^ ) 』



ヤササチヒコは釣り針を持ってウミサチヒコの元へ歩み寄ると、兄に釣り針を差し出しながら海神の言う通りに呪文を唱えました。
『この針は ぼんやり針 乱暴針 貧乏針 間抜け針』


『なんだぁ?』



ウミサチヒコは意味解らず受け取りましたが、何か納得できないというか、訳の解らない状態になりました。
呪術的な言葉とは気がつかない二人でしたが、ヤマサチヒコが手渡す時に後ろを向く様に海神が指示を出したのは、かけた呪文が自分に及ばないようにするという理由がありました。(  ̄ー ̄)人(^∇^ )



ウミサチヒコは呪文によって何も言う気がなくなってしまい、さらに受け取った釣り針さえどうでもよくなってしまいました。(^^;



それで胸を撫で下ろしたヤマサチヒコでしたが、そこへウミサチヒコの配下の者がやって来てヤマサチヒコに伝えました。


『あの・・・トヨタマビメと申される方が訪ねていらっしゃいましたが・・・。』


『な、何? ( ̄□ ̄ )』



ヤマサチヒコは玄関へすっ飛んで行きました。


『トヨタマビメ! (°◇°;)  驚いたよ! 』


『あなた様をお待ちしているつもりでしたが、赤ん坊が産まれそうなので、待ちきれずに来てしまいました。』


『えっ!赤ん坊が? (°°)) そ、それはめでたい! すぐに産屋を工務店に造らせよう! (^^)』


『そ、その前にお願いがあります!』


『何? (°° )』


『私がいいと言うまで決して産屋を覗かないよう、約束してください・・・。』


『わ、わかった。 ・・・すぐ産屋を造らせる!』

う〜ん・・・鶴の恩返しの様な・・・(;¬_¬)

その頃、平行してウミサチヒコの元ではこんな事が・・・。

『田んぼがカラカラです。』


『なんだと?』


『なんだ? これは? 雨がヤマサチヒコの田んぼにだけ降って、私の田んぼには雨が降らず、
                                 枯れておるではないか!  (▼□▼メ) 』


『・・・貧乏針、間抜け針・・・そうか!あの時ヤマサチヒコが私に呪いをかけおったのだな!』


『ゆ、許せん! 兵を集めろ! ヤマサチヒコを生かしてはおかぬ!』

おっと!・・・また何やら雲行きが怪しく・・・(;¬_¬)



突貫工事で完成した産屋の前でヤマサチヒコは、設計したのが強度偽装をするような設計士でない事を案じながら・・・

じゃなくて、 (ノ-o-)ノ⌒┳ ┫┻┣

トヨタマビメが産屋に入ったままウンともスンとも言わないのに案じ、イライラしていました。

何度目だ? この展開は・・・(^^;

『し、心配だ!
(;¬_¬) いいと言うまで覗かないと約束したものの・・・心配だ! (;¬_¬)

でた! ・・・ヤな予感・・・(;¬_¬)

ヤマサチヒコが産屋の隙間を探して覗き込むと、あまりの驚きに叫んでしまいました。


『み〜た〜な〜ぁ〜』

        じゃなくて・・・(^^;

『見てしまいましたね!あれほどお願いしたのに!』

   なんとトヨタマビメは鶴では無く、(^^) サメだったのです ヽ('ー`)ノ 


ヤマサチヒコは飛び上がって(がけ)に走り去りました。



ところが・・・(^^;その走り去った崖の下からは、ウミサチヒコとその兵が武装してこっちへ攻め込んで来るではありませんか。
これにもたまげて立ち(すく)んでいると、矢がどんどん飛んできます。



もう何も考える事が出来ずにギリギリの表面張力みたいになった時、トヨタマビメの声が聞こえました。


塩盈珠(しおみつたま)を投げるのです!』
我に返ったヤマサチヒコは、慌ててウミサチヒコの兵に向かって塩盈珠を投げました。



するとその塩盈珠は目映(まばゆ)閃光(せんこう)を放つと大洪水が起こり、村や田畑、ウミサチヒコ達をも呑み込んでしまいました。



その時、サメになっているトヨタマビメが濁流(だくりゅう)に飛び込んで、跳ね上がる度にヤマサチヒコに話しかけました。

『さぁ、次は塩乾珠(しおふるたま)を投げるのです!』


『えっ?! ト、トヨタマビメ? 』


『何をしているのです!早くしないと国が滅んでしまいますよ!』



慌てて塩乾珠を投げると、また目映い閃光が起こりました。

『愛しの大空命(おおぞらのみこと)! さようならぁ〜! (T_T) あ〜れ〜・・・』



閃光が止んだ時には水は引き、トヨタマビメもいなくなっていました。

『オンギャァ〜! ハンギャァ〜!』



驚きのあまり放心状態になっていたヤマサチヒコでしたが、赤ん坊の泣き声で我に返り、産屋に駆け付けて我が子を抱き上げました。



しかしその心中は複雑でした。



抱き上げると赤ん坊は泣き止み、ヤマサチヒコはトヨタマビメを探すかの様に辺りを歩き回りました。



しかし居るはずもありません・・・。



赤ん坊を抱いてトヨタマビメを思い海辺に(たたづ)んでいると、ウミサチヒコが現れ、怯えながら言いました。

『私が悪かった、許してくれ・・・ これからはおまえの家来となろう。。。』



こうして弟のヤマサチヒコに仕えることになった兄のウミサチヒコは、後の隼人族(はやとぞく)の先祖にあたります。



度々お伝えしている様に、今の世の皆さん達と神々とは何らかの繋がりがあります。



また弟のヤマサチヒコは天孫降臨の際、高天原から降臨されたヒコホノニニギノミコトの子供で、正式には彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)の子孫はと言うと、波限建鵜草葺不合命(なぎさたけうがやふきあへずのみこと)と名付けられました。
サメの化身であることを知られてしまったトヨタマビメは海の底に帰ってしまったのですが、幼い我が子を残してきた事を悔やみ毎日泣いていました。


『・・・約束を破った大空命が憎い・・・ かと言って愛しい人を憎みきれるものでもない・・・(T_T)』


『さらに残してきた子も気になって仕方がない・・・。』
『そうだわ!玉依毘売(たまよりびめ)、あなたが地上へ行ってくれないかしら・・・。』


『妹のそなたが乳母として大空命の元へ行き、私の変わりに我が子である、
                          ナギサタケウガヤフキアヘズノミコトの世話をしてはくれまいか?』


『だ、だって(^^; お姉様がサメってバレたってことは、私も・・・(^^;サメな訳だからさ。。。』


『この際、話の流れ的にそんなのムシよ!ムシ! 
(;¬_¬)



・・・ということで妹のタマヨリビメは、マンタに乗って、タケちゃんマンの様にヒラリヒラリヒラ〜リと、ナギサタケウガヤフキアヘズノミコトの世話をしに地上へ行きました。

雪州もマンタに乗ってみたい (^∇^ )

そして時は流れ、成長したナギサタケウガヤフキアヘズノミコトとタマヨリビメは結婚し、四柱のお子を授かるに至りました。

第一の子は、五瀬命(いつせのみこと)

第二の子は、稲冰命(いなひのみこと)

第三の子は、御毛沼命(みけぬのみこと)

第四の子は、若御毛沼命(わかみけぬのみこと)とも、神倭伊波礼毘古命(かむやまといはれびこのみこと)とも名を持つ御方・・・そう、この方が後の神武天皇(じんむてんのう)なのです。


どうでしょうか?日本の神話が少しは理解出来ましたか? ((( ^・_^・) チラッ

読むと早いかも知れませんが、記すのは途方もなく大変でした。  (ノ_・。)
まず、このプチウケ古事記で物語の流れを掴んでください。

そうすれば、神様の名前も覚えやすいと思います。

この記しは、古事記でいう上巻にあたる神話です・
                   
古事記と囲碁(いご)を知っておくと、
結構世の中生きるうえで役に立ちますよ。(^^)
 参考文献 及び抜粋
  「古事記辞典」 桜楓社
  「日本古典文学全集」 小学館
  「まんが日本の古典」 中央公論社

雪州英勢お薦めのパワースポット神社
 伊勢神宮(いせじんぐう)内宮(ないくう)外宮(げくう)伊雑宮(いざわのみや) 【三重県】
 大和國一宮(おおやまとのくにいちのみや)三輪明神(みわみょうじん) 大神神社(おおみわじんじゃ) 【奈良県】
 関東総鎮守(かんとうそうちんじゅ) 箱根神社(はこねじんじゃ) 【神奈川県】
 摂津國一宮(せっつのくにいちのみや) 住吉大社(すみよしたいしゃ) 【大阪府】
 加賀國一宮(かがのくにいちのみや) 白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ) 【石川県】
 熱田神宮(あつたじんぐう) 【愛知県】
 出雲國一宮(いづものくにいちのみや) 出雲大社(いづもおおやしろ) 【島根県】
 伊勢國一宮(いせのくにいちのみや) 椿大神社(つばきおおかみやしろ) 【三重県】
 スピリチュアルの聖地 戸隠神社(とがくしじんじゃ) 【長野県】
 こんぴら総本宮(そうほんぐう) 金刀比羅宮(ことひらぐう) 【香川県】
 安芸國一宮(あきのくにいちのみや) 厳島神社(いつくしまじんじゃ) 【広島県】
 北口本宮(きたぐちほんぐう) 冨士浅間神社(ふじあさまじんじゃ) 【山梨県】
 駿河國一宮(するがのくにいちのみや) 富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ) 【静岡県】
 明治神宮(めいじじんぐう) 【東京都】
 皇城之鎮(こうじょうのちん) 山王日枝神社(さんのうひえじんじゃ) 【東京都】
 その他のパワースポット神社

金運・恋愛・仕事・対人関係といった、生きる上で関わる悩みを気付きから幸運に導くスピリチュアルな話
 目に見えぬ存在、神社の神々とは・・・
 心の真眼
 カルマとは・・・
 カルマの解消法について・・・
 徳とは・・・
 神社について・・・
 神社参拝の豆知識
 塩が持つ力
 食のエネルギーについて・・・
 恋愛のカルマについて・・・
 天国と地獄の話

天界で起こった神話 【古事記】 読むパワースポット
【プチウケ古事記 上巻】
 日本最古の古文書 古事記とは・・・
 プチウケ古事記 造化三神(ぞうかさんしん) 神の始まり・・・φ(.. )
 プチウケ古事記 共同作業 天地初発之時(あめつちのはじめのとき)
 プチウケ古事記 夫婦喧嘩 神生(かみう)み(國生み)
 プチウケ古事記 国造り 伊邪那美(いざなみ)最期(さいご)
 プチウケ古事記 伊邪那岐(いざなぎ)の悲しみと怒り 悲しみ
 プチウケ古事記 黄泉(よみ)(くに)  
 プチウケ古事記 (みそ)ぎ・生みの果て
 プチウケ古事記 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
 プチウケ古事記 天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)と建速須佐之男
 プチウケ古事記 太陽神(たいようしん)天照皇大神(あまてらすすめおおかみ) 天の石屋戸(あめのいわやと)
 プチウケ古事記 草薙劔(くさなぎのみつるぎ)(草薙の剣) 八岐大蛇(やまたのおろち)
 プチウケ古事記 うさぎと(さめ) ()(くに)因幡(いなば)素兎(しろうさぎ)
 プチウケ古事記 姑・修羅場 大国主(おおくにぬし)()堅州国(かたすくに)
 プチウケ古事記 争い  天孫降臨(てんそんこうりん)()(いち)
 プチウケ古事記 人生の道案内 天孫降臨 其の()・・・日子番能瓊瓊杵(ひこほのににぎ)
 プチウケ古事記 竜宮城(りゅうぐうじょう) 海幸彦(うみさちひこ)山幸彦(やまさちひこ)・・・其の壱
 プチウケ古事記 海幸彦/山幸彦 其の弐・・・神武天皇(じんむてんのう)の誕生

雪州の足跡 サイト情報
 あとがき  雪州の足跡 管理人
 リンクについて  相互リンク



Copyright (C)  雪州の足跡  All Rights Reserved