スピリチュアル・アドバイス(⌒ー⌒)

食のエネルギーについて・・・ 

食のエネルギーについて・・・

食のエネルギーについて・・・

 雪州の足跡トップページ
各種ブックマーク&RSS 雪州の足跡 サイト内検索
食のエネルギーについて・・・
みなさんは現代食事事情の中でサプリメントという言葉をよく耳にし、サプリメントという健康補助食品が生活の一部として欠かせない物の一つして捉える方々も大変多くなってきました。



このコンテンツをご覧になっている貴方も、何らかのサプリメントを摂取なさっている確率は非常に高いと思います。



しかし、ほとんどのサプリメントが御菓子同然の気安めの物だったり、分子が粗すぎて吸収されないような利益追求型の粗悪な製品がほとんどなのは皆さんもお察しの通りです。(物の善し悪しは波動に現れやすいので、繊細な方であれば製品を持つだけで判ると思われます。)


補足しておきますが、値段が高ければ良いというものではなく、箱が異常に立派で高級感に満ち溢れている高額な製品は特に氣をつけなければなりません。



ただ、良いサプリメントを摂取なさっていらっしゃる方の場合、安心からかサプリメントだけに頼る生活になっていることも多く存在しますが、それがとても優れたサプリメントであったとしても健康補助食品であり、食事自体が非常に大切な行為であるということを認識しておかなければなりません。
さて、食のエネルギーについて・・・という表題だけあって、食べる事によって身体のエネルギーを向上させる方法に触れたいと思います。



その季節に収穫される旬の食材を召し上がると良いでしょう。



そうすることによって、その季節に必要なエネルギーを身体に取り入れることができます。
更に、ご自身の住んでいらっしゃる地域の土地で取れたものであれば、もっと効果的です。



そうすれば、その住んでいる地域に溢れている大地のエネルギーがいただけます。



やはり食事を何氣なく食べる方がほとんどですが、感謝しながらいただくことが大切です。



昔の家庭の多くはテレビを観ながら食べることや、ベラベラ話しながら食べることを禁じていましたが、これは実際に正しい行為で、ある程度集中して食べないと消化が遅れたり、便秘がちになったり、太りやすくなるなどの影響が現れやすくなります。



昔の方はそのようなことは考えていなかったでしょうが、食べることが困難な時代が繰り返されて来たことから、食べ物は崇高な存在であるから謹んでいただかなければならないという考えが、銀シャリ(白米)を食べる前には歯を磨いて口を清めるという習慣まで作り上げたのでしょう。



習慣とは、時代を重ねると人々の解釈を大きく歪める傾向がありますが、やはり先人の知恵というものには理由があるものとして、大切にしなければならないですね。φ(.. )



また、機嫌の悪い方が作った料理や、氣の落ちた方が作った料理は、どんな高級食材を使用しても美味しさは失われ、氣に敏感な方は食べて間もなく一度だけの下痢をするでしょう。( ̄_ ̄|||)



それでも食べなければならない時は必ずあるので、雪州は自分の食べるものだけ、内緒でエネルギーを変えて食べたりします。ヾ( ̄o ̄;)



特に集まりなどで店や食べ物が選べない時には重宝する技です。(^∇^ )



この辺りで何か不穏なことを頭をよぎったあなた・・・(;¬_¬)スルドイ!


夫婦ゲンカしている時の食卓はオソロシイ・・・。°゜°。。ヘ(;^^)/



雪州の友達に何人か主婦がいて、お茶したり食事をするわけですが、冷蔵庫に入ってる物でイマイチ微妙なものは、まずダンナに食べさせて様子をみるわ!とか、よろしくない念を押し込んで作ってるとか、オソロシイことをケラケラ笑いながら言ってます・・・。 ( ̄□ ̄;)アワワ


(((((っ-_-)っ 逃げろ!


私はいいの・・・もう食べたから・・・アナタ食べて・・・ヾ(´▽` )ゝ


なんて時は、コワイじょぉ〜(笑) °゜°。。ヘ(;^^)/


まっ、この辺りは彼女らの良心にゆだねるとして・・・
(;¬_¬) なさそうだけど・・・(笑)


料理は質素なものでも味がアートであれば、これに勝るものはありません。



繊細な味は身体の隅々まで浸透しやすく、元氣になりやすいだけでなく、氣分もよくなります。



土の中にできる野菜には大地のエネルギーを含んでおり、土の上で出来る野菜や果実は太陽のエネルギーをいただいています。



そこに意識を向けて食すると、身体がそのエネルギー自体を受け入れやすくなります。
スピリチュアルマスターを目指していらっしゃる方の多くは肉を嫌う傾向が強く、肉を食すると霊的エネルギーが落ちると言われていますが、鶏肉はかろうじて良いと言われています。



それは人間と同じ2本足で立つということと、ササミは人間の筋肉にいちばん近いからです。
しかし、霊力が上がってくると自然と肉は食べられなくなってきますし、酒も飲めなくなってきます。
(雪州も飲み食いしていましたが、最近身体が受け付けなくなってきました。)



ただ、肉ばかり食べていると血の気が多くなり、イライラや怒りが込み上げてきたり、負の部分も体内に入ってくることから、その怒りやイライラをその度に癒して取り除いていかないと、(自己クリアリング)怒りのエネルギーが同じエネルギーを呼んでしまったり、邪気を引き寄せやすくなったり、慢性的な憑依体質を造ってしまいますので注意が必要です。
(;¬_¬)


・・・ということであまり肉食をお勧めはしませんが、各々方(おのおのがた)の身体に変化が出てきたら人生の変わり時と言えるでしょう。



因みに牛乳は身体に良いものと考えられて来た飲み物ですが、現代では肉と牛乳が非常に危険な飲食物と言われています。



何故ならば、ホルモン剤を投与しまくった乳牛の乳や肉なわけですから、身体に良い訳がありません。 ヾ( ̄o ̄;)



できれば海の物、穀物、野菜の摂取を心がけ、、お陰様でという氣持ちをもって感謝しながらいただくことによって、からだのエネルギーを向上させることができます。



主婦の方々は料理を楽しんで調理なさることが家族の健康と運を向上させることにつながりますので、大変重要な役割を果たしています。



そして、我が家にご縁あってやって来た食材に対して、感謝の意を示してください。



繊細な味付けは身体の細胞に良いですが、大味は・・・運を逃しやすくなります。
(;¬_¬)・・・です。
ちなみに男女の恋愛に欠かせない三原則は、価値観、SEX、味覚が重要で、特に料理のまずい家庭は100%旦那の帰りが遅く、浮気率も限りなく高くなります。


奥さんの料理がおいしいと、外で食べるよりも家で食べたくなるものです。



一般的な女性は『まずい』と言われると、『一生懸命作ったのに・・・』とか、『じゃ、もう作らない』と拗ねてしまいますが、そのような女性は残念ながら幸運体質の女性ではなく、運を逃しやすい体質です。

おいしい料理を家族に提供できると家族の運氣も必然的に上がりますから、そのすべての運氣があなたに幸運を運んで来ることにつながるのです。



・・・ヾ( ̄o ̄;)おっと!この辺りで止めとこう・・・ スタスタ スタスタ(((((っ-_-)っ
雪州英勢お薦めのパワースポット神社
 伊勢神宮(いせじんぐう)内宮(ないくう)外宮(げくう)伊雑宮(いざわのみや) 【三重県】
 大和國一宮(おおやまとのくにいちのみや)三輪明神(みわみょうじん) 大神神社(おおみわじんじゃ) 【奈良県】
 関東総鎮守(かんとうそうちんじゅ) 箱根神社(はこねじんじゃ) 【神奈川県】
 摂津國一宮(せっつのくにいちのみや) 住吉大社(すみよしたいしゃ) 【大阪府】
 加賀國一宮(かがのくにいちのみや) 白山比盗_社(しらやまひめじんじゃ) 【石川県】
 熱田神宮(あつたじんぐう) 【愛知県】
 出雲國一宮(いづものくにいちのみや) 出雲大社(いづもおおやしろ) 【島根県】
 伊勢國一宮(いせのくにいちのみや) 椿大神社(つばきおおかみやしろ) 【三重県】
 スピリチュアルの聖地 戸隠神社(とがくしじんじゃ) 【長野県】
 こんぴら総本宮(そうほんぐう) 金刀比羅宮(ことひらぐう) 【香川県】
 安芸國一宮(あきのくにいちのみや) 厳島神社(いつくしまじんじゃ) 【広島県】
 北口本宮(きたぐちほんぐう) 冨士浅間神社(ふじあさまじんじゃ) 【山梨県】
 駿河國一宮(するがのくにいちのみや) 富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ) 【静岡県】
 明治神宮(めいじじんぐう) 【東京都】
 皇城之鎮(こうじょうのちん) 山王日枝神社(さんのうひえじんじゃ) 【東京都】
 その他のパワースポット神社

金運・恋愛・仕事・対人関係といった、生きる上で関わる悩みを気付きから幸運に導くスピリチュアルな話
 目に見えぬ存在、神社の神々とは・・・
 心の真眼
 カルマとは・・・
 カルマの解消法について・・・
 徳とは・・・
 神社について・・・
 神社参拝の豆知識
 塩が持つ力
 食のエネルギーについて・・・
 恋愛のカルマについて・・・
 天国と地獄の話

天界で起こった神話 【古事記】 読むパワースポット
【プチウケ古事記 上巻】
 日本最古の古文書 古事記とは・・・
 プチウケ古事記 造化三神(ぞうかさんしん) 神の始まり・・・φ(.. )
 プチウケ古事記 共同作業 天地初発之時(あめつちのはじめのとき)
 プチウケ古事記 夫婦喧嘩 神生(かみう)み(國生み)
 プチウケ古事記 国造り 伊邪那美(いざなみ)最期(さいご)
 プチウケ古事記 伊邪那岐(いざなぎ)の悲しみと怒り 悲しみ
 プチウケ古事記 黄泉(よみ)(くに)  
 プチウケ古事記 (みそ)ぎ・生みの果て
 プチウケ古事記 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
 プチウケ古事記 天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)と建速須佐之男
 プチウケ古事記 太陽神(たいようしん)天照皇大神(あまてらすすめおおかみ) 天の石屋戸(あめのいわやと)
 プチウケ古事記 草薙劔(くさなぎのみつるぎ)(草薙の剣) 八岐大蛇(やまたのおろち)
 プチウケ古事記 うさぎと(さめ) ()(くに)因幡(いなば)素兎(しろうさぎ)
 プチウケ古事記 姑・修羅場 大国主(おおくにぬし)()堅州国(かたすくに)
 プチウケ古事記 争い  天孫降臨(てんそんこうりん)()(いち)
 プチウケ古事記 人生の道案内 天孫降臨 其の()・・・日子番能瓊瓊杵(ひこほのににぎ)
 プチウケ古事記 竜宮城(りゅうぐうじょう) 海幸彦(うみさちひこ)山幸彦(やまさちひこ)・・・其の壱
 プチウケ古事記 海幸彦/山幸彦 其の弐・・・神武天皇(じんむてんのう)の誕生

雪州の足跡 サイト情報
 あとがき  雪州の足跡 管理人
 リンクについて  相互リンク



Copyright (C)  雪州の足跡  All Rights Reserved